ポイントサイトを攻略

陸マイラーはJALとANAどっちのマイルが貯めやすくて使いやすい?

陸マイラーはJALとANAどっちのマイルが貯めやすくて使いやすい?

この記事では、陸マイラーにとってJALとANAのどっちのマイルがポイントサイトを経由してためやすいのかを解説します。

 

マイルを貯めて旅、タダで旅行に行きたい!

でも、飛行機にあまり乗らないし、マイルなんて旅行に行けるほど貯まるわけがない。

そう思っている方も多くいると思います。

しかし、世の中には陸(おか)マイラーと呼ばれる方がおり、陸マイラーは飛行機に乗らずしてANAマイルやJALマイルをがっぽりと貯めていることをご存じですか?

今回は飛行機に乗る機会が少ないあなたにも、ポイントサイトを使いマイルを貯めて陸マイラーになる術について述べていきたいと思います。

 

また、これから陸マイラーを目指す方にとって、JALとANAどちらのマイルを貯めるかを決めるのは重要な選択肢の1つです。

しかし、ANAとJALでどちらの方がポイントサイトでより効率的に貯まるかがわからない方は多いことでしょう。

また、陸マイラーとしてマイルを貯めることができたとしても、マイルの使いやすさが違えば満足度は変わってしまうはず。

そのため今回は、現役陸マイラーの経験を基にJALとANAどちらのマイルが貯めやすいか、そして使いやすいかをお伝えしていきます。

クレジットカードで貯める場合とポイントサイトから貯める場合を比較していきましょう。

 

>>陸マイラー初心者でも間違わない始め方まとめ!

 

陸マイラーはJALとANAのどちらのマイルを貯めればいいの!?

「私は陸マイラーになりたいんだけどJALとANAのどちらを貯めればいいのか結論をまずは教えて!」

という方に。

 

まずは結論っぽいことをお伝えしますね。

JAL派になるべき人と、ANA派になるべき人はこのような違いがあります。

 

陸マイラーとしてJALマイルを貯めるべき人

陸マイラーとしてJALマイルの方がオススメなのは、このような人です。

  • 旅行の計画が数ヶ月前〜直前にしか決めることができない人
  • ハワイの特典航空券を狙っている人

 

JALマイルだとANAに比べて特典航空券が比較的取りやすいです。

そのため、旅行の計画を直前まで決めることができないお仕事をしているのであれば、JALを貯めることがオススメ。

また、ANAマイルでのハワイ路線はかなりの激戦区で、ほとんど取ることができません。

ですが、JALであれば取ることが出来ますので、ハワイしか行かないという人であればJAL一択です。

 

陸マイラーとしてANAマイルを貯めるべき人

陸マイラーとしてANAマイルの方がオススメなのは、このような人です。

  • 旅行の計画を1年前から立てることができる人
  • 行き先にこだわりはなく、特典航空券で数多く旅行に行きたい人
  • 国内線の特典航空券を取りたい人

 

ANAマイルは陸マイラーとして貯めやすいですが、特典航空券をとるのは割と激戦です。

しかし予約開始時に取ることができるのであれば、ANAマイルであっても特典航空券を比較的取ることができます。

そのため、旅行の計画を1年前から立てることができるのであれば、貯めやすさ重視でANAマイルを貯めましょう

また、行き先が決まっていなければ”どこか”は取れるため、行き先にこだわりがなくて数多く旅行に行きたいのであれば、ANAマイルがいいです。

また国内線に関しては、JALとANAで特に優劣がないため、国内線に関しては貯めやすさ重視でANAマイルです。

 

 

陸マイラーでANAやJALのマイルを貯めるにはポイントサイトとクレジットカード利用は外せない

通常マイルを入手するのは、飛行機に搭乗し、その移動距離+購入している航空券のグレードに応じたマイルを獲得。

(*1マイルは約1.6kmで、羽田―伊丹間でいうと、280マイルで、後は航空券グレードに 応じて獲得マイルは変動します)

しかし、飛行機に乗らずしてマイルを獲得できる人(通称:陸マイラー)がおり、陸マイラーとしてANAやJALのマイル獲得をするのであれば、ポイントサイトは絶対に外せません。

では陸マイラーはどのようにしてマイルをためているのでしょうか。

 

陸マイラーとしてマイルを貯める方法1:ANAやJALと提携しているクレジットカードを利用する

これはクレジットカードで支払いをすると、毎月のお支払い明細書に獲得ポイントと書かれているものがあり、そのポイントがANAやJALのマイルと相互互換を行っている場合があります。

その場合、クレジットカードの〇〇ポイント=1マイルという変換率にて、クレジットカード会社より事前にANAやJALのマイル番号を登録しておくことで、申し込みをすることが出来ますよ。

陸マイラーとしてオススメできるクレジットカードはこちらに紹介している3枚です。

 

陸マイラーとしてマイルを貯める方法2:ポイントサイトを利用してANAやJALマイルを貯める

もう一つ、インターネット上のポイントサイトを通して、飛行機に乗らずしてマイルを貯めることが出来ます。

例えば、そのポイントサイトが提携しているクレジットカード会社のカードを作成すると(無料で作成できるものが多い)、〇〇ポイント獲得。

また、旅行会社系のサイト(じゃらんなど)を使用しても、宿泊金額の〇〇%ポイント申請など、大きなポイントを獲得することができます。

それがマイルに化けていくのです。

陸マイラーとして活動するためのポイントサイトはこちらの記事にある通り、3つほど登録しておけばOKです。

 

陸マイラーがマイルをクレジットカードで貯めるならJALとANAどちらがお得?

では次に、陸マイラーのマイルの貯め方に関してお伝えします。

クレジットカードでマイルを貯めるなら、JALとANAのどちらの方がお得に貯めることができるのでしょうか?

先に結論からお伝えすると、クレジットカードでマイルを貯めるのであればANAの方が比較的貯めやすいと感じています

飛行機に乗らなくてもマイルが貯まりやすいので、陸マイラーはANAの方が好きといった方は多いようですね。

ちなみに私もANAマイル派です。

 

では、それぞれの特徴を比較していきましょう。

 

陸マイラーとしてのANAカードの魅力

ANAカードの大きな特徴として、クレジットカード入会時のキャンペーンが非常に豪華だということです。

キャンペーン時に入会すれば、かなり大きなマイルを貰うことができ、それだけで旅行に行くことも可能です。

 

例えばこの記事を書いている2020年7月現在、かなりお得なマイルキャンペーンがあります。

ANA JCBカードであれば、新規入会時に最大40,300マイルが得られるキャンペーンを実施しています。

 

さらにANAアメックスゴールドだと、最大20,000マイルプレゼントキャンペーン実施中。

さらにさらにANAダイナースカードだと、最大55,000マイルプレゼントキャンペーン実施中です!!

また飛行機に乗らなくても、カードを所有しているだけで毎年ANAマイルを貰うことができる点も嬉しいですね。

これらのANAカードのポイント還元率は100円で1マイルなので、一般的ですがセブンイレブンや楽天市場の利用でもマイルを貯めることができます。

 

陸マイラーとしてのJALカードの魅力

JALカードはANAに比べて入会キャンペーンはあまり豪華とは言い難いです。

一応コンスタントに10,000マイル程度のプレゼントキャンペーンをしているようですが、ANAカードの55,000マイルなどと比べてしまうと見劣りしてしまいますよね

 

そのため、JAL便に頻繁に乗る方であれば比較的マイルを貯めやすいですが、乗らない人はあまり貯まりずらいですね。

こう考えると、JALカードは陸マイラーには不向きだといえます。

ただ、イオンで買い物すると最大で200円で7マイルを獲得することができます

毎回イオンで買い物をするといった方であれば、JALカードをおすすめすることができます。

 

結論:陸マイラーとしてマイルを貯めるならクレジットカードはANAの方が貯めやすい

陸マイラーであれば、ANAカードの方が明らかにマイルを貯めやすくなっています。

まだクレジットカードを持っていないのであれば、入会キャンペーンの特典が大きすぎます。

JALカードは基本的にJAL便に乗らなければマイルを貯めずらいといった側面があるので、陸マイラーにはあまり好まれていません。

飛行機に乗らずしてマイルを貯めるのが陸マイラーの信念ということで、JALカードはあまりおすすめできませんね。

>>JALカードではなくSPGアメックスカードならJALマイルも貯まる!

>>最強のクレジットカードであるSPGアメックスの全容

 

陸マイラーがマイルをポイントサイトで貯めるならJALとANAどちらがお得?

ポイントサイトでポイ活をして、その貯めたポイントをマイルに交換する陸マイラーも多いですね。

その場合、ANAとJALではどちらがお得になるのでしょうか?

ANAの方はTokyuポイントルートを使えば75%還元でマイルを獲得することができます。

一方でJALは、モッピーでJALドリームキャンペーンという条件を満たせば最大80%の還元率でJALマイルにできます。

しかしその他のサイトでは、最大でも50%のマイル還元率になってしまいます。

 

 

なぜ陸マイラーはポイントサイトでANAマイルがたまる?

ポイントサイトのポイントが、上記のようにANAマイルやJALマイルへ相互交換を実施しているため、マイルを貯めることが出来ますよ。

まずポイントサイトというのは、Gポイント・モッピー・ハピタスなど様々な会社があります。

この各社は、多種多様なサービス業(例えば旅行会社)と提携をし、このポイントサイトを通して予約・購入などをすることで、ポイントサイト内におけるポイントを獲得できます。

そして、このポイントがクレジットカードで貯めたポイントを直接ANAマイルやJALマイルへ変換するよりも遥かに効率よくマイルを貯めることが出来る手段。

そして、その貯めたポイントを他ポイントなど経由していくことで、ANAマイルやJALマイルは爆発的に貯めていくことの出来る仕組みがあります。

 

陸マイラーとしてANAマイルを貯める場合、TOKYUポイントルートで75%還元

2019年12月まで、ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換する場合、ソラチカルートといわれる交換ルートを使うのが一般的でした。

この交換ルートは還元率が80%もあるので、ほとんどの陸マイラーが把握していることでしょう。

 

ソラチカルートというのは、例えばハピタスポイントの場合;

ハピタス→Gポイント→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル

というルートを辿ってANAマイルにするルートです。

 

これはAna To Me CARD PASMO JCB(通称:ソラチカカード)という、ANAマイルとメトロポイント(東京メトロ)を両方貯めることの出来るクレジットカード。

当カードはクレジットでお買い物を済ませる、またはカードにチャージしたPASMOで電車に乗るたびにメトロポイントが貯まります。

このメトロポイントが今回のカギとなります。メトロポイントからANAマイルへの交換率は90%、LINEポイントからメトロポイントへの交換率は90%。

ハピタスからGポイント、GポイントからLINEポイントへは100%交換率で進めることが出来るため、実質ハピタスで貯めたポイントを81%交換率で交換出来ます。

 

しかし、2019年12月でこちらの交換ルートが利用できなくなってしまいました。

 

ですので、新たにTOKYUポイントルートと言われる75%還元の交換ルートを利用する必要があるんですね

TOKYUポイントルートも75%なので高還元であるのは間違いありません。

例えばハピタスの場合:

ハピタス→ドットマネー→TOKYUカード→ANAマイル

というルートを辿ってANAマイルにするルートです。

 

 

こちらはTOKYUが発行しているクレジットカードが必要になります。

TOKYUカードからANAマイルへの交換率は75%、ハピタスからドットマネー、ドットマネーからTOKYUカードへのポイント交換率はいずれも100%。

実質ハピタスで貯めたポイントを75%交換率で交換出来ます。

陸マイラーとしてマイルを貯めたい方は、Tokyuカードを必ず発行して、手元に持っておきましょう。

Tokyuカードもモッピーに登録してモッピー経由で発行すると、今なら3,500円分のポイントがゲットできますのでお得です!!

 

>>【無料】モッピーに登録して陸マイラーとして一歩進む

陸マイラーには外せないモッピーに登録 

↑月額費用も何もかからずにリスクなし

 

陸マイラーがANAマイルを貯めるためにオススメのポイントサイトは?

ハピタスとモッピーが代表的なポイントサイトとなります。

まず一つのポイントサイトで貯めていくのは非効率的。

というのも、同じ案件でもポイントサイトごとにポイントの還元率が変わってしまうからです。

その都度、複数のポイントサイトでどれが1番お得かを確認しつつ、でも、ポイントがあまりにも分散しないように注意するようにしたいです。

いずれにせよ、今までポイントサイトを使ったことがないならば、まずは2-3つくらいから登録を開始して使い始めてみると良いと思います。

お勧めのサイトは確かにありますが、その中で自分が使いやすいもの、提携先サービス業でよく自分が使うサイトがあるものに絞っていき、貯めていきましょう。

当ブログでお勧めしているのは、ハピタスとモッピーの二つ。

ハピタスとモッピーのどちらかを使っていれば、まず間違いありません!

 

>>【無料】モッピーに登録して陸マイラーとして一歩進む

陸マイラーには外せないモッピーに登録 

↑月額費用も何もかからずにリスクなし

 

ハピタスの会員登録は、こちらからどうぞ。

 

>>【無料】ハピタスに登録して陸マイラーとして一歩進む

陸マイラーには外せないハピタスに登録 

↑月額費用も何もかからずにリスクなし

 

陸マイラーがJALマイルを貯める場合は、モッピードリームキャンペーンで80%還元

ポイントサイトからJALマイルに交換する場合、50%還元が一般的です。

これだけ見ると、ANAの方が断然お得だと感じるかもしれませんが、ポイントサイトのモッピーを使っていれば話は別になります。

モッピーではJALのドリームキャンペーンというものを開催しており、条件を満たすことで実質80%でマイル交換が可能になりますよ!

ですので、一概にANAの方が貯めやすいとはいえませんね。

 

もしポイントサイトを使ってJALマイルを貯めるのであれば、使うポイントサイトはモッピーのみの一択です。

それ以外に選択肢はありません。

 

 

 

もしモッピーの会員登録がまだであれば、こちらからどうぞ。

登録するだけで300ポイントもらえます^^

 

>>【無料】モッピーに登録して陸マイラーとして一歩進む

陸マイラーには外せないモッピーに登録 

↑月額費用も何もかからずにリスクなし

 

 

陸マイラーはJALとANAどちらを貯める?まとめ

クレジットカードの還元率やポイントサイトからの75%ルートがあることから、ANAの方が貯めやすい印象があります。

しかし、モッピーに登録しているのであればJALのドリームキャンペーンがあるのでJALも捨てがたいって感じです。

それぞれの貯め方があると思うので、あとは好みの問題になるのではないでしょうか?

陸マイラー上級者になると、両方のマイルを同時に貯めている人もいるみたいですよ!

どちらにせよ、マイル交換に有利であるモッピーには登録しておいた方が良いです!

まだ登録していない方はぜひ!

 

モッピーの会員登録はこちらからどうぞ。

登録するだけで300ポイントもらえますよ^^

 

>>【無料】モッピーに登録して陸マイラーとして一歩進む

陸マイラーには外せないモッピーに登録 

↑月額費用も何もかからずにリスクなし

 

ハピタスの会員登録は、こちらからどうぞ。

 

>>【無料】ハピタスに登録して陸マイラーとして一歩進む

陸マイラーには外せないハピタスに登録 

↑月額費用も何もかからずにリスクなし