マイラー向けクレジットカード

ブリティッシュエアウェイズのマイルAviosでJAL国内線に乗ろう!

ブリティッシュエアウェイズのマイルAviosでJAL国内線に乗ろう!

この記事では「ブリティッシュエアウェイズのマイルAviosでJAL国内線に乗ろう!」ということでお伝えします。

陸マイラーの方なら聞いたことがあるAviosポイント。

Aviosポイントとは、ブリティッシュエアウェイズのマイレージポイントですね。

実はAviosでJALの国内線の特典航空券を予約することができるとご存知でしょうか?

2019年に必要なマイル数が必要になって改悪されたとはいえ、またAviosポイントはかなり便利と評判が高いです。

今回はAviosポイントがいかに便利でお得なのかを解説していきます。

JALマイルと比べてどれだけお得なのかをぜひ参考にしていただければと思います。

 

>>陸マイラー初心者でも間違わない始め方まとめ!

 

ブリティッシュエアウェイズのマイルであるAviosでJAL国内線の特典航空券を予約できるのはなぜ?

Aviosはブリティッシュエアウェイズのマイレージプログラム。

ブリティッシュエアウェイズの本拠地はイギリスです。

イギリスを本拠地としている航空会社なのに、なぜ国内線の特典航空券を予約できるのでしょうか?

 

理由として、ブリティッシュエアウェイズとJALはどちらも、世界規模の航空連合であるワンワールドに加盟しているからです。

航空連合とは、Wikipediaによるとこんな感じらしいです。

航空連合(こうくうれんごう: airline alliance)とは、航空会社間の連合組織のこと。同一連合内においては、コードシェア便やマイレージサービスの相互乗り入れなど、旅客の利便性を図り、集客の向上を目指すことになっている。

ですので、マイルでJALの特典航空券を発券するならAviosでも可能ということになります。

 

 

Aviosでの特典航空券はどれだけ改悪されたの?

Aviosは国内の特典航空券を交換するのには、かなりお得なマイルでした。

しかし、2019年5月30日からはマイル数が改悪。

 

Aviosでの特典航空券は改悪しましたが、それでもいまだにJALマイルよりも少ないマイル数で交換可能な区間が多々あります。

Aviosで特典航空券を発券するのは、主に国内線や東アジアなどの短距離区間ですよね。

(アメリカやヨーロッパなどの長距離区間だと、JALやANAマイルの方がお得なので)

どれだけ必要マイル数が変わったのかというと以下の通りです。

改悪にはなりましたが、後で解説する通りZone1なんかはJALマイルだと7,500マイル必要なので、まだまだAviosは人気があるのです。

それにブラックアウト期間(マイルで航空券を取得できない期間)がないため、繁忙期にAviosで予約できるのであれば、かなりお得になりますからね。

 

ブリティッシュエアウェイズのAviosポイントの特徴

Aviosは国内線特典航空券を発券できるだけではなく、さまざまな特徴があります。

大きな特徴としては以下の4つ。

  1. Aviosで発券した特典航空券は家族以外の第三者であっても利用可能
  2. 特典航空券を利用できない期間(ブラックアウト期間)がない
  3. Aviosポイントは購入することができる
  4. Aviosポイントは有効期限が実質無制限

それぞれ解説していきましょう

 

Aviosで発券した特典航空券は家族以外の第三者であっても利用可能

例えばJALマイルで発券すると、航空券を利用できるのは本人や配偶者、二等親以内の親族などのしばりがあります。

しかし、Aviosで発券すると誰でも利用が可能。

つまり、友人と一緒の旅行でも、友人の分までAviosでチケットを発券することが可能。

私が、この記事を見ているあなたに対して特典航空券を発券することだって可能なのです!笑

 

また、特典航空券を利用できない期間(ブラックアウト期間)というのもありません。

誰でも利用ができて、ブラックアウト期間がないというのはかなり大きな特徴ではないでしょうか。

 

Aviosは特典航空券を利用できない期間(ブラックアウト期間)がない

通常だと、マイルを使えない期間(ブラックアウト期間)があります。

例えば、ゴールデンウィークや年末年始などの繁忙期ですよね。

そんな繁忙期であっても、Aviosならマイルで予約が可能です。

しかし、繁忙期はそもそもマイルを利用しようとする人も多くなるため、予約が取りづらいのは確か。

それでも私の経験として、ある年の年末に東京から新千歳へ移動する必要があったのですが、JALマイルでは予約できなかった航空券がAviosで予約できて搭乗できました。

年末年始は通常料金もすごく高いので、本当にありがたかったです。

 

2020年の年末も検索すると、12/25にまだ予約可能な便がありました。

こういった感じで、年末年始もマイルで予約可能な便があります。

 

Aviosポイントは購入することができる

JALマイルやANAマイルは購入することができませんよね。

なので、必要なマイル数まであとちょっとなんだけどなぁ。。って時にも、諦めるしかないです。

しかし、Aviosは購入(バイマイル)可能。

Aviosの価格はこちらの表の通りです。

Aviosマイル数 価格(アメリカドル)
1,000 53ドル
2,000 80ドル
3,000 108ドル
4,000 135ドル
5,000 163ドル
6,000 190ドル

先ほど紹介した、年末に東京から新千歳に飛んだ時には必要なマイル数が足りなかったので(家族4人分必要だった。。)、一部のAviosマイルを購入しました。

確か6,000マイルを購入したのですが、Aviosを購入したとしてもJALの正規チケットを発券するより遥かに安かったので、躊躇うことなく購入。

結果的に良い選択となりました。

「マイルを購入できる」というのは、こういった使い方ができるからいいですよね。

 

Aviosポイントは有効期限が実質無制限

Aviosポイントは有効期限が実質無制限。

一応、有効期限は3年とあるのですが、Aviosの移動(マイル獲得かマイルの使用)があれば、またそこから3年の有効期限にリセットされるからです。

つまり、3年の間に1度でもマイルをゲットするか使うかすれば、そこから有効期限はリセットされて3年延期になるのです。

これはもう実質無制限ですよね。

なので、かなり使いやすいマイルであることは確かです。

 

AviosとJALマイルで特典航空券利用に必要なマイル数はどれだけ違う?

Aviosが使いやすいマイルだということがわかりました。

では、AviosとJALマイルではどれだけ必要なマイル数が違うのでしょうか。

羽田空港からの必要マイル数を比べてみましょう。

 

空港 JAL通常マイル JALディスカウントマイル Aviosマイル
新千歳 7,500 6,000 6,000
青森 7,500 6,000 6,000
秋田 6,000 5,000 6,000
山形 6,000 5,000 6,000
名古屋 6,000 5,000 6,000
伊丹 6,000 5,000 6,000
広島 7,500 6,000 6,000
高松 7,500 6,000 6,000
福岡 7,500 6,000 6,000
鹿児島 7,500 6,000 6,000
那覇 7,500 6,000 9,000

 

大抵の場合はJALの通常マイルよりもBAマイルの方が少ないマイルでお得にいくことができます。

JALは年に2回ほどディスカウントマイルを設定していますが、それはかなり熾烈な争いになるので、なかなか手に入れることができませんよね。。

 

Aviosで羽田から沖縄・石垣島・宮古島に行く際に必要マイル数は?

日本で有数の観光地といえば、沖縄。

そのため、ここでは沖縄に行くのにAviosマイルがどれだけお得なのかを考えてみます。

先ほどの表の通り、羽田から那覇までの必要マイル数はAviosで片道9000マイル、JALマイルであれば片道7500マイル。

そのため那覇まではJALマイルの方がお得ですね。

 

あれ?国内線はAviosだと6,000マイルで予約できるんじゃなかったっけ?」

と思った方もいると思いますが、6,000マイルで予約できる区間は、一番の短距離区間(距離的に650マイル)の区間だけです

羽田ー新千歳などは6,000マイルで予約できるのですが、羽田ー那覇はちょっと遠くなって650マイルを超えるためAviosで9,000マイルが必要になります。

 

沖縄といえば、石垣島や宮古島にも行きたいですよね。

ということで、Aviosで石垣島と宮古島に行く際に必要となるマイル数は11,000マイルです。

JALマイルは10,000マイルなので、こちらもJALマイルを使った方がお得ですね

これだけ見ると、AviosよりもJALマイルの方が圧倒的にお得だと思われがちですが、あくまで羽田から沖縄の距離に関してです。

 

 

沖縄の必要マイル数を確認すると、Aviosは国内線の短距離路線にはめっぽう強いのですが、長距離になるとお得度は下がってしま雨ということがわかりますね。

特に東京から沖縄区間はAviosであれば9000マイル、JALマイルは7500マイルで交換が可能なので圧倒的にJALマイルがお得。

国際線に関しても東京からソウル、上海くらいの距離であればAviosの方がお得です。

しかし、東京からシンガポールくらいの距離になると圧倒的にJALマイルの方がお得になります。

やはりAviosは長距離ではなく、短距離向きのマイルといえるでしょう。

 

ブリティッシュエアウェイズのマイルであるAviosの貯め方

AviosポイントはJALマイルと同等、もしくはそれ以上に価値のあるポイントだというのは理解してもらえたと思います。

友達にも特典航空券を発券できるので、気軽に友達を誘って気軽に行けるのは素晴らしい点ですね。

 

気になるのは、そんなAviosをどうやって貯めていくのかということ。

現在、Aviosが直接貯めるクレジットカードは日本にありません。

しかし、このブログで何度もおすすめしているSPGアメックスカードであれば、Aviosへの交換が可能です

SPGアメックスからAviosへの還元率はJALマイルと同じく1.25%あります。

 

SPGポイントからAviosの増量キャンペーンがかなりお得

SPGアメックスを利用することで貯まるマリオットポイント、基本的に3ポイントで1Aviosと交換が可能です。

しかし、毎年増量キャンペーンというものを行っており、キャンペーン中にマリオットポイントからAviosに移行すると最大でも35%増量されます。

ちょっとこれは破格のキャンペーンですよね。

このようなキャンペーンを利用すれば、いかにAviosがお得かを理解していただけるでしょう。

毎年期間限定で行っているので、見逃さないようにしておきましょう。

 

まとめ

国内線の特典航空券をマイルで交換する場合、Aviosポイントを利用するのがいかにお得で便利なのかをご紹介してきました。

今までJALマイルを貯めていた方も、Aviosへの注目が高まるのではないでしょうか?

AviosはJALマイルと同等の価値がありますし、SPGアメックスカードを使えば同じように高い還元率で貯めることも可能です。

キャンペーン期間中を利用するなら、JALマイルよりもお得に貯めることもできるでしょう。

マリオットポイントが貯まっている方は、Aviosへの移行を考えてみてはいかがでしょうか?